コロナに負けないボードゲーム!800種類以上のタイトルからバトンストアが厳選

三密を避けて遊べるボードゲームでこの夏を楽しもう!

ボードゲーム・ホビー・玩具のオンラインショップ バトンストア は、三密を避けて遊ぶ事が出来るボードゲームを、 800種類以上のタイトルから「①少人数で遊べる」「②しゃべらないで遊べる」「③屋外で遊べる」「④リモートでも遊べる」という4つの観点で独自調査して選出致しました。バトンストアは今後も独自の調査や発信をする事で、昨今益々盛り上がるボードゲーム業界に貢献して参ります。選出したボードゲームは全てリンク先の「バトンストア」オンラインで購入できますので、是非この機会にお求め下さい。

①「1人〜少人数」で遊べる
ザ・ネゴシエーター〜人質交渉人〜

プレイヤーは交渉人となり、人質を取った犯人と対峙。見事人質を解放し、事件を解決できるか?犯人との交渉は、状況ボード上で犯人の感情を確認し、手札から会話カードを出しながらダイスを振って判定を行うことで進行します。犯人の種類や要求、イベント・カードには多数のバリエーションがあり、ゲームを遊ぶたびに異なった事件が立ちはだかります。

対戦型論理パズルゲーム「タギロン」

相手のもっている数字のタイルを推理して先に相手のタイルを全て当てることができれば勝ち!質問カードは「中央の3枚の合計値は?」など情報を組み合わせて論理を展開。ソーシャルディスタンスも確保できる!

②「しゃべらない」で遊べる
マジックメイズ、マジックメイズ・キッズ

プレイヤーはヒーローとなり、薬を見つけ、ダンジョン化したショッピングモールを脱出しよう!リアルタイム協力型脱出ゲーム。ヒーローは一方向しか進めず、協力してマップを開拓していきアイテムを集めて脱出するゲーム。相手に何かを伝えたい時の唯一の手段が、「気づいてポーンを置く」だけだが、何をやってほしいかは、それだけだとなかなか伝わらない。リアルタイムのため刻々と状況が変わっていく中、最善手を見つけていこう。簡単になったキッズ版も発売中

ザ・マインド エクスストリーム、ザ・マインド

 

TVでも紹介され、大人気商品となった、「ザ・マインド」に新要素が加わった上級バージョン。みんなに配った手札を小さな数字から順番に場に出すだけの簡単なゲームのはずが、たった一つの制限「しゃべってはいけない」によってなかなかクリアーできないゲームに!アイコンタクトなど、みんなの気持ちを一つにしてクリアーを目指そう。

③「屋外」で遊べる
ラッセーラゲーム

掛け声と共に跳ねまくれ! 運動不足解消にも最適。みんなで踊ろう。「ラッセーラ♪」の掛け声とリズムに合わせてダンス! ねぶた祭りがテーマのカードゲーム踊る人は常にカードで指定され、踊るべきときにリズム良く踊れなかったり、踊ってはいけないときに釣られて踊ったりしてはいけません。大切なのはリズム感と瞬間判断力。カードさえ見えれば、離れていても遊べます!

テストプレイなんてしてないよシリーズ(白、黒、レガシー、ゾンビとバナナ)

数々の理不尽なミニゲーム、効果で即脱落するなかで、最後まで生き残り勝利をつかめ!短時間で終わり、カード効果に振り回されるカードゲーム。持ち運びも簡単で1回5分ほど。ちょっとした外での待ち時間などにも遊べます。通常のバージョンの他に、効果がひどくなって更にすぐ終わる黒、カードにマジックで書き込みをしてゲームが変化するレガシー、新たに「テーマ・エンドカード」を追加し、終了条件が変化するゾンビとバナナが発売中。

④「リモート」で遊べる
スコットランドヤード 、スコットランドヤード・東京

1人が怪盗Xとなって、ほかの多数の探偵プレイヤーから逃げきろう!怪盗Xとなって、バスやタクシー、地下鉄など利用して探偵から逃げ切るか、探偵となって、逃げる怪盗Xを捕まえるかの広い都市のマップで行われる壮大な鬼ごっこゲーム。探偵役はすべて公開情報のため、怪盗X役がプレイヤーコマを動かせばリモートでも遊べます!

インサイダーゲーム、インサイダーゲーム ブラック

答えを推理して見つけ、回答者の中に一人いる「インサイダー」をみんなで見つけるゲーム。出題者に対して全員で質問を繰り返しながら、制限時間内に答えにたどり着こう!答えが見つかったら、回答者の中に初めから答えのわかっている人「インサイダー」を見つけなければならない。
「インサイダー」はほかのプレイヤーから自分がインサイダーだとばれないように答えに導いていこう!「マスター」役を固定すればリモートでも簡単に遊べます。少し難しめの42枚のお題カードと、新しい役割「フォロワー」、質問に制限を加える「NG質問カード」などを追加した「ブラック」も発売中。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事