エバーデール Everdell Starling Games

「プレイヤーにより異なるラウンドが進行」

■ワーカープレイスメントが基本的なシステムのゲーム

このゲームの変わっているところは、プレイヤーにより行なっているラウンドが異なることがあるという点だ。

手番で行うのは、労働者(ワーカー駒)の配置によるアクションの実行、カードのプレイ、次の季節の準備のどれか。

一般的なワーカープレイスメントでは、労働者をスタートプレイヤーから順番に配置し、全てのプレイヤーが労働者を配置し終えたらラウンドが終了し、次のラウンドに移る。

しかし、このゲームでは、手番には労働者の配置以外に、カードのプレイができる。

これにより、労働者が手元からいなくなるペースがプレイヤーにより異なり、全ての労働者を配置し終えても、すぐに次のラウンドに進まず、プレイヤーによって少しずつ進み方が変わってくるのだ。

そのため、ゲームのスタート時を除き、スタートプレイヤーという概念がないため、狙ったアクションを行うためのスタートプレイヤー争いが存在しない。

よって、強烈なインタラクションは生まれないが、各プレイヤーがやりたいアクションを行えることもそれなりにある。

ここにソロプレイ感があったり、やりたいことが快適にできる気楽さがあり、遊びやすい。

そして、ワーカープレイスメントがシステムのゲームは比較的ルールが難しいものが多いが、このゲームはワーカープレイスメントでありながら、ルールは簡単な部類に入るだろう。

またカードの効果によるコンボや拡大再生産の要素もあり、昨今人気があり、よく遊ばれているゲームに近いところがある。

駒やカードのデザインも可愛く、見ていても楽しい。

ルール説明を入れて、1プレイ約90分。

慣れると60分を切るくらいスムーズに進み、リプレイ要素もある。

60分以上のゲームを繰り返し遊びたいという人にオススメのゲームだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事