ジャスト・ワン JUST ONE

「1単語でヒントを出すだけなのにこんなにドキドキする」

■ジャスト・ワン

これだけでゲームのルールまで説明できてしまうゲームがこれまでにあっただろうか。

協力して、親が内容を見ずにランダムに選んだ1つの言葉を当てるゲームであるが、親以外のプレイヤーは、親が選んだ1つの言葉を1単語でヒントを出す。

そして親に開示前に子のプレイヤー同士が内容を確認し合い、被っておらず1つだけであったヒントのみが残る。

そして残った子のヒントを見せて、親が内容を見ずにランダムで選んだお題を当てる。

これを親を時計回りに交代していき、規定回数終えたら正解だった回数により判定が決まる。

ルールはシンプルながらこれだけだ。

これまでの説明の中に1つや1単語でというのがいくつか出たが、これはジャスト・ワンというゲームタイトルから出てきたものだ。

このタイトルからゲームをイメージしやすく、ルール説明もすっと入ってくるものにできているのが素晴らしい。

さて、実際のプレイ感として、シンプルなルールながらも、メンバーに合わせて、子はありきたりな単語でのヒントが良いのか、少し頭を捻った単語の方が良いのかが悩ましい。

そして自分の中では良いヒントだと思った単語が浮かんでも、いざ子同士で確認する時はドキドキする。

そしてナイスヒントと褒め合うこともあれば、がっかりするような被りを見せることもあり、この1単語のヒントを出すことがとても面白く、ドキドキするのだ。

37人で遊ぶことができ、ルール説明は5分程。

大人同士でもファミリーでも遊べるパーティーゲームで、あまりゲームをやったことのない人にもオススメだ。

 

さて、最後に問題。

これは何の単語を表しているでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事