レス・アルカナ Res Arcana Sand Castle

「全8枚のデッキで戦うレースゲーム」

■トレーディングカードゲームに慣れているプレイヤーだけでなく、トレーディングカードゲーム未経験のプレイヤーにも遊びやすい難易度

このゲームを初めて遊ぶ際には、ドラフトルールを取り入れるまで数回遊んでほしいタイトルであるということを始めに言いたい。

初プレイ用に推奨のカードの組み合わせがあり、8枚のアーティファクトカードの内、5枚がランダムで決まるが、これでルールを覚えることは容易である。

しかし、このランダムで配られた5枚のカードで、カードのシナジーが生まれることは比較的少ない。

例を挙げると、ドラゴンのコストを下げるカードを持っていても、デッキにドラゴンが無いということである。

初プレイでは、このシナジーでの面白さというところが本格的に味わえないことがあるのだ。

そのため、ルールを覚えたらドラフトを取り入れて遊ぶことがオススメであり、このゲームの真の面白さを理解できるのだ。

 

ゲームに至っては、カードの効果については確認が必要となる部分があるが、手番でやれることは、

・自分の場にカードをプレイ

・自分の場にあるカードの効果を使用

・手札のカードを破棄し、資源への変換

・パスしてラウンドを抜ける

4択でルールはあまり複雑ではない。

トレーディングカードゲームのようなプレイ感があり、段々とやれることが増えていき、どのカードをどの順番でどの様に使うかの組み合わせを考えるのが面白い。

そして各プレイヤー1ゲームで8枚のカードしか使わないため、使ったことのないカードが自分のデッキに入ってくる楽しさや、使ったことのあるカードをどの様に使いこなすかを考える楽しさがリプレイ性を生んでいる。

慣れると1ゲーム30分で終わることもあり、2人で遊んでテンポを楽しむも良し、4人で遊んで他のプレイヤーの動きを意識してじっくり遊ぶのも良しというゲームだ。

トレーディングカードゲームに慣れているプレイヤーだけでなく、トレーディングカードゲーム未経験のプレイヤーにも遊びやすい難易度となっているのも良い。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事