ルールは簡単、でもおもしろいのが人気のボードゲーム


■ボードゲームのなかでもかなりの人気を誇るおもしろゲーム

「コードネーム」は2016年にドイツゲーム大賞を受賞した大人気のボードゲームで、日本語版があることから、日本でも多くのボードゲームファンに楽しまれています。

ルールは簡単なのにおもしろいというのが人気のボードゲームに共通する点ですが、その意味ではこのボードゲームは勝っても負けても楽しめるというところが秀逸です。

「コードネーム」というゲーム名からも推測できるように、ヒントから正解の言葉を見つけるという簡単なルールは、誰にでも理解できます。

そのうえで、ゲームを楽しくする要素が実にうまく考えられているのです。

■諜報部員となってエージェントに接触するという発想のおもしろさ

「コードネーム」のルールは、2つの対立するスパイ組織の中にいる味方のエージェントを探し出すというものです。

そのために与えられるヒントは1つの単語で、この単語を元にコードネームしか知らないエージェントを探し出さなければなりません。

当然のことながら、エージェントは敵にも存在しますので、敵方のエージェントに接することなく、味方のエージェントを見つけ出す必要があります。

ヒントから正解の言葉を見つけ、その言葉からエージェントを探し出すという、スパイ映画的な要素も人気の理由と言えるでしょう。

ヒントの言葉から正解を紡ぎだすという作業がゲームの中心となっているのが勝っても負けても楽しめるというゲームの精巧さにつながっています。

■短時間で遊べるゲーム

青と赤の2つのチームに分かれてプレイする「コードネーム」のプレイ人数は、28人となっているものの、各チームにヒントを出すスパイマスター1人が必要で、そのほかの人が回答者となることから、人数が多い方が楽しめるゲームです。

最大8人でプレイする場合には、スパイマスター1人に対して、回答者3人というチームで対戦するわけです。

回答者が多ければ多いほど、単語1語に対してのヒントのバリエーションが多くなるため、より楽しめるでしょう。

15分という短時間で遊べるゲームですが、さまざまなワードが書かれたコードネームカードが200枚あります。

言葉は表裏に書かれていることから、いわば400枚の意味を持つコードネームカードとなり、このなかからエージェントを探し出すことになるのです。

この200枚からランダムに25枚を選び出し、テーブルに並べ、スパイマスターは青と赤それぞれの正解となるキーカードをスタンドに立てますが、スパイマスターだけが見られるようになっています。

カードには敵味方双方のエージェントだけでなく、一般人やこれだけは引いてはいけない暗殺者もありますので、何度行っても同じ結果になることはないのが「コードネーム」というゲームの最大のおもしろさです。

200枚のカードの表と裏を駆使するため、言葉からヒントを紡ぎだす作業はいわば言葉遊びの要素が大きく、大勢で遊ぶほど盛り上がるのもわかります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事